PMSの症状の中には、吐き気という症状も含まれています。 では、どうしてPMSで吐き気を伴うのでしょうか? それは、PMSになるとエストロゲンの一種「卵胞ホルモン」の分泌が多くなり、むくみが出てしまうからです。 そのむくみが腸に影響を及ぼしてしまった場合、吐き気に繋がるといわれています。 そして、このむくみは吐き気だけではなく、頭痛やめまい、腰痛なども引き起こす可能性があります。 もし、吐き気が酷くて耐えることができないという場合は、専門医に相談して吐き気を止める薬などを処方してもらいましょう。 また、不規則な生活習慣をしているとさらに吐き気を悪化させてしまう危険があるので、規則正しい生活を意識するというのも重要です。 乱れた食生活はもちろん、睡眠不足や運動不足も、PMSを悪化させる原因になります。 吐き気を和らげるためにも、普段の生活には十分に注意しましょう。 また、クラリセージやジンジャーといったアロマを使用することによって、吐き気を抑えることもできるので、試してみてはいかがでしょうか?